オンライン書店の比較-メニュー等

メニュー等を書く予定だったのですが、
書くほどのメニューもありませんでした・・・

booksforpeopleとは?

不要となった本を集め、その本に興味を持っていて、
実際にそれらを読みたい人々に販売し、
その活動により得た資金で浮浪児を支援しようという、
非営利団体でした。
現在、活動は停止中です。

活動拠点は、アメリカ合衆国のロサンゼルスにありました。
不要な本をピックアップするスタッフは、良い人もいれば、
あまり良くない人もいたようです。
「本を寄贈することを簡単で、速くしました」と称賛する人も
いれば、本当に売っているのか怪しいと言う人もいました。
理由はわかりませんが、現在は活動停止となっています。
しばらくその事実を伝えるために記録として残しておきます。


以下は書店に関しての記述です
パターン配本ではよく売れる必要とされる本が来ないことがよくある。
書店の種類の一つとして広い駐車場を確保して車での利用者を狙うチェーン店がある。
オンライン書店で本を買えば、重たい本を家まで運ばなくて済む。
近所の書店が閉店でも宅配する時間を指定することで欲しい本の在庫があれば確実に購入できる。
配本される書籍の原価が定価の80%と高く、粗利が低い。
最近では、アプリを利用して購入して呼んだり、無料で試し読みもできる。
オンラインで本を買うにはインターネット上で、タイトル・著者などで検索する必要がある。
大規模小売書店や大手卸業者の多くは、出版部門を持っている。
電子書籍は、大量の本のデータを持ち歩けたり、部屋に本を置かなくてもいいので場所も節約できる。
書店とは異なるようだが、夜遅くまで営業しているコンビニエンスストアも競合相手である。
書店の種類の一つとして駅前の百貨店や郊外の大型店の内部に店を構える店舗がある。
書店といわれているものには、本の小売店や出版社、そして卸業者などがある。
委託販売制のメリットは、書店にとっては売れ残りのリスクがない。
書籍の販売システムとして、出版社から取次を経て、書店に入荷する。
小規模な書店では、取次の配本が大型店やコンビニに重点的に行われている。
書店とは異なり、逆に出版社では売上の4割とも言われる多数の返本に苦しんでいる。
本は、知識の宝庫であり、書店だけでなく、図書館でも借りることができる。
通信と輸送手段があればどこでも開業できる。


オンライン書店色々

アマゾン・ジャパン 楽天ブックス
セブンネットショッピング 紀伊国屋書店
ブックサービス honto
e-hon