オンライン書店の比較-booksforpeople詳細3

オンライン書店での本の購入はとても便利ですよね。
booksforpeopleについて詳しく書こうと思ったのですが、
意外と情報が見つからず、断念しました。しかも英語のサイトばかりで。
アメリカの団体なのであたりまえといえばあたりまえなのですが・・・


以下は書店に関する記述です。
多くの出版物のおよそ2割はコンビニルートで販売される。
24時間利用できる、という点が上げられる。
書店とは異なるようだが、夜遅くまで営業しているコンビニエンスストアも競合相手である。
出版・印刷業界では出版社を版元、卸業者を取次、小売店を小売書店と呼ぶことがある。
そのほとんどが雑誌であり、コンビニエンスストアは、日本の雑誌の実に4割近くを販売している。
書店の種類の一つとして駅前の百貨店や郊外の大型店の内部に店を構える店舗がある。
電子書籍は、大量の本のデータを持ち歩けたり、部屋に本を置かなくてもいいので場所も節約できる。
最近では、実店舗だけでなくオンライン書店の利用者が増えている。
書店といわれているものには、本の小売店や出版社、そして卸業者などがある。
実際には店舗を持ちつつオンラインでの注文も受けることもある。
大規模小売書店や大手卸業者の多くは、出版部門を持っている。
ベストセラー倒産が起こる理由として、どうしても注文数が過剰になってしまうからである。
新刊が小規模な書店へと行き渡らないことで客足は遠のき、既刊や雑誌まで売れなくなる。
オンライン書店での決済方法として、クレジットカード決済があれば短時間で済む。
書店は、本屋とも呼ばれる。
パターン配本ではよく売れる必要とされる本が来ないことがよくある。
書店の種類の一つとして都市の中心となる地場書店がある。
最近では、電子書籍があり、スマホ、タブレットなどで無料で試し読みもできる。
書籍の販売システムとして、出版社から取次を経て、書店に入荷する。


オンライン書店色々

アマゾン・ジャパン 楽天ブックス
セブンネットショッピング 紀伊国屋書店
ブックサービス honto
e-hon