booksforpeopleの詳細1

booksforpeopleについて詳しく書こうと思い、
色々調べてみたのですが、あまり見つかりませんでした。


以下は書店についての記述です
書店といわれているものには、本の小売店や出版社、そして卸業者などがある。
多くの出版物のおよそ2割はコンビニルートで販売される。
書店の看板には店舗名よりもわかりやすい、「本」の文字を大きく出している店舗が多い。
オンライン書店での決済方法として、クレジットカード決済があれば短時間で済む。
ベストセラー倒産が起こる理由として、どうしても注文数が過剰になってしまうからである。
最近では、アプリを利用して購入して呼んだり、無料で試し読みもできる。
委託販売制を取っているので、一定期間を過ぎても売れ残った本は取次を経由して出版社に返却される。
本は、知識の宝庫であり、書店だけでなく、図書館でも借りることができる。
24時間利用できる、という点が上げられる。
そのほとんどが雑誌であり、コンビニエンスストアは、日本の雑誌の実に4割近くを販売している。
通信と輸送手段があればどこでも開業できる。
昔、書店は、書肆とよばれていたことがある。
オンラインで本を買うにはインターネット上で、タイトル・著者などで検索する必要がある。
大手書店の対抗策として一部の書店では、ある分野に特化した品揃えを行い差別化を図っている。
書店の種類の一つとして広い駐車場を確保して車での利用者を狙うチェーン店がある。
書店の種類の一つとして商店街に店を構える小規模店がある。
書店への入荷を配本と言うが、配本される本の種類・部数などは、取次側が決定するのが基本である。
委託販売制に不満をもつものもいる。


オンライン書店色々

アマゾン・ジャパン 楽天ブックス
セブンネットショッピング 紀伊国屋書店
ブックサービス honto
e-hon