オンライン書店の比較-お知らせ

オンライン書店での本の購入はとても便利です。
今のところこれといったお知らせはありません。


以下は書店についての記述です。
書店の種類の一つとして商店街に店を構える小規模店がある。
書店への入荷を配本と言うが、配本される本の種類・部数などは、取次側が決定するのが基本である。
電子書籍は、大量の本のデータを持ち歩けたり、部屋に本を置かなくてもいいので場所も節約できる。
パターン配本ではよく売れる必要とされる本が来ないことがよくある。
パターン配本により、いらない本まで送られてくることがある。
近所の書店が閉店でも宅配する時間を指定することで欲しい本の在庫があれば確実に購入できる。
委託販売制は出版社にとっては返本可能にしたことで書店に販売を引き受けてもらいやすくなる
新刊が小規模な書店へと行き渡らないことで客足は遠のき、既刊や雑誌まで売れなくなる。
委託販売制のメリットは、書店にとっては売れ残りのリスクがない。
書店の看板には店舗名よりもわかりやすい、「本」の文字を大きく出している店舗が多い。
配本された本は書店で陳列され販売される。
本は、知識の宝庫であり、書店だけでなく、図書館でも借りることができる。
最近では、アプリを利用して購入して呼んだり、無料で試し読みもできる。
書籍の販売システムとして、出版社から取次を経て、書店に入荷する。
オンライン書店での決済方法として、クレジットカード決済があれば短時間で済む。
ベストセラー倒産が起こる理由として、どうしても注文数が過剰になってしまうからである。
書店の種類の一つとしてレンタルビデオやテレビゲームなどを同時に扱う店舗もある。
書店とは異なり、逆に出版社では売上の4割とも言われる多数の返本に苦しんでいる。
書店の種類の一つとして都市の中心となる地場書店がある。
出版・印刷業界では出版社を版元、卸業者を取次、小売店を小売書店と呼ぶことがある。


オンライン書店色々

アマゾン・ジャパン 楽天ブックス
セブンネットショッピング 紀伊国屋書店
ブックサービス honto
e-hon