オンライン書店ご利用案内

オンライン書店での本の購入はとても便利です。


以下は書店についての記述です。
書店といわれているものには、本の小売店や出版社、そして卸業者などがある。
書店にアクセスすると購入履歴を参考におすすめを表示されている場合がある。
書店の種類の一つとして商店街に店を構える小規模店がある。
書店とは異なり、逆に出版社では売上の4割とも言われる多数の返本に苦しんでいる。
配本された本は書店で陳列され販売される。その書籍の原価が定価の80%と高く、粗利が低い。
大手書店の対抗策として一部の書店では、ある分野に特化した品揃えを行い差別化を図っている。
多くの出版物のおよそ2割はコンビニルートで販売される。
オンライン書店での決済方法として、クレジットカード決済があれば短時間で済む。
ベストセラー倒産が起こる理由として、どうしても注文数が過剰になってしまうからである。
書店の種類の一つとして広い駐車場を確保して車での利用者を狙うチェーン店がある。
委託販売制に不満をもつものもいる。
オンライン書店で本を買えば、重たい本を家まで運ばなくて済む。
新刊が小規模な書店へと行き渡らないことで客足は遠のき、既刊や雑誌まで売れなくなる。
書店からすれば実際の店舗が無くても良いので対面での接客をしなくて良いので、家賃、人件費の節約。
書店の種類の一つとして都市の中心となる地場書店がある。
小規模な書店では、取次の配本が大型店やコンビニに重点的に行われている。
書店への入荷を配本と言うが、配本される本の種類・部数などは、取次側が決定するのが基本である。


オンライン書店色々

アマゾン・ジャパン 楽天ブックス
セブンネットショッピング 紀伊国屋書店
ブックサービス honto
e-hon