ABOUT BOOKSFORPEOPLE

booksforpeopleの概要
booksforpeopleは、アメリカの慈善団体だったようです。
不要となった本を集め、その本に興味を持っていて、
実際にそれらを読みたい人々に販売し、
その活動により得た資金で経済的に貧しい子供たちを支援しようという、
非営利団体でした。
現在、活動は停止中です。

活動拠点は、アメリカ合衆国のロサンゼルスにありました。
不要な本をピックアップするスタッフは、良い人もいれば、
あまり良くない人もいたようです。
「本を寄贈することを簡単で、速くしました」と称賛する人も
いれば、本当に売っているのか怪しいと言う人もいました。
理由はわかりませんが、現在は活動停止となっています。
しばらくその事実を伝えるために記録として残しておきます。




最近では、実店舗だけでなくオンライン書店の利用者が増えている。
書店にアクセスすると購入履歴を参考におすすめを表示されている場合がある。
書店とは異なるようだが、夜遅くまで営業しているコンビニエンスストアも競合相手である。
書籍の販売システムとして、出版社から取次を経て、書店に入荷する。
書店からすれば実際の店舗が無くても良いので対面での接客をしなくて良いので、家賃、人件費の節約。
オンライン書店で本を買えば、重たい本を家まで運ばなくて済む。
配本される書籍の原価が定価の80%と高く、粗利が低い。
委託販売制のメリットは、書店にとっては売れ残りのリスクがない。
委託販売制を取っているので、一定期間を過ぎても売れ残った本は取次を経由して出版社に返却される。
委託販売制の場合、物流や書店からの代金回収を取次が代行してくれる。
近所の書店が閉店でも宅配する時間を指定することで欲しい本の在庫があれば確実に購入できる。
書店は、本屋とも呼ばれる。
最近では、アプリを利用して購入して呼んだり、無料で試し読みもできる。
昔、書店は、書肆とよばれていたことがある。
オンライン書店での決済方法として、クレジットカード決済があれば短時間で済む。
書店の種類の一つとしてレンタルビデオやテレビゲームなどを同時に扱う店舗もある。


オンライン書店色々

アマゾン・ジャパン 楽天ブックス
セブンネットショッピング 紀伊国屋書店
ブックサービス honto
e-hon